色も重要?好印象を与える人気のwebデザイン!

ホームページのイメージを元に色を決めてみましょう

ホームページを作るとき、注意したいのがデザインです。閲覧者はまずホームページに来た時に、文章やコンテンツを見るよりも先にデザインを目にします。なので、デザインはホームページの第一印象を左右する重要な要素です。
デザインというと写真やイラストを連想するかもしれませんが、最初は色に注意しましょう。スマートフォンやパソコンで、閲覧した瞬間に視覚が捉える色の印象は大切です。デザインはホームページの方向性やイメージから連想する色を基本に決めていきます。シックな色や明るい色など、イメージができたら画面いっぱいにその色を表示して見るのがおすすめです。自分の目で、確認することでイメージが湧きやすくなります。大切なのは、閲覧する相手の立場になってみることです。

背景と文字の組み合わせにも注意しましょう

ホームページの基本になる色が決まったら、次は文字の色を決めていきます。ポイントは、背景と文字の色が同化しないようにすることです。同系色を使いたい時は、ある程度のコントラストが付くように気をつける必要があります。逆に、看板などで警告を求める時に使う色の組み合わせの使用は注意が必要です。文字は読みやすいですが、閲覧者が何かの警告と間違える可能性があります。また、コントラストが強すぎる背景と文字の組み合わせは閲覧していて目が疲れるので注意しましょう。文字の色は、特に注目して欲しいところで色を変えると効果的です。閲覧している人にとっても、記事のポイントが掴みやすくなります。背景と文字の色が決まったら、実際に見やすいかどうか目で確認することも大切です。

webサイト制作は、htmlという言語を使って行われます。このhtmlはホームページの枠組みを作るためのもので、見栄えを定義するにはCSSという言語を使います。

© Copyright Platform For Revenue. All Rights Reserved.