欲しい情報に辿り着けない!離脱率の高い画面構成とは?

ホームページへの訪問客の離脱率が高くなる理由とは?

自分で作成したホームページへの訪問者がトップページに訪れてくれたとしても、すぐに他のサイトに移ってしまう離脱率の高いサイトにはいくつかの共通点があります。
見た目という意味では、画面自体の構成やバランスはもちろんですが、画像を組み込むにしても場所や量を考えないと読みにくいサイトになってしまう危険性が高くなります。また、1ページの構成を縦横の長さをバランスよく考える事も重要なポイントになるといえます。
サイトへの訪問者は、ブックマークなどの再訪問者や他のサイトのリンクページなどから訪問もかんがえれます。これらの訪問者の場合は、前者であれば、何度も訪れている人なので問題はありませんし、後者であれば再訪問と初訪問のどちらかだと考えれます。
検索サイトの場合は初訪問者が多数になりますので、サイト構成が悪く目的のページにたどり着けなければ、すぐによそのサイトに移ってしまいます。

コンテンツを絞り解りやすいページ作成をこころがけよう!

ホームページへの訪問者の離脱率を下げるには、コンテンツを絞って、解りやすいサイト構成にする事が重要になります。多くのサイト訪問者を目的にキーワードなどを意識しすぎて、ページとは関係が殆どないと思われるような語句で検索サイトから訪問した人にとっては、正直に言って迷惑な話しになります。
初めてホームページに訪れた人を自身のページ内にとどまらせるようにする事が、離脱率を下げるコツになりますが、画面構成面では、余計な画像や関係のない広告などを掲載しない事はもちろんですが、コンテンツや掲載内容が、キーワードに対して的確なサイトになっているというのがとても大事な事になります。そのためには、訪問者を誘導するようなキーワードの配置は極力さけるべき行為で、出来るだけユーザーの立場にたった視線でサイト制作を行う事が大切だといえます。

ホームページ制作会社の求人は、プログラミングやITに関する知識や資格を持っている経験者が優遇されることが多いので、求人に応募する際には資格やスキルが必要になります。

© Copyright Platform For Revenue. All Rights Reserved.