どんどんふくらむ制作費用!最初から正確な見積りをもらうには?

初期費用を前払いしてしまうと作成会社が優位な立場になる

会社HPやロゴの制作を依頼する際のトラブルは昔から起こり続けてきました。なぜかというと基本的な料金が前払い式であると、料金を支払ってしまった時点から制作中のサイトが、少し悪い例えになってしまいますが、完全な「人質」状態になってしまい、明確に強気な立場をとってくる業者が実際問題として昔から確かに多数存在するためです。そして、きちんと納品してもらうまでに様々な追加コストをとられ、納品される頃には当初の見積もり額とは大きく異なる総額になってしまった、という話は山ほどあります。あまりにもひどい場合は、作業を途中でやめてもらい、既に支払ってしまったお金の事は忘れて、泣き寝入りして新たに業者を探さなければならないという最悪の事態も起こりうることです。しかし、それではあまりお金がもったいありません。

会社の誠実さをよく見るべき

頻発する追加コストトラブルから自社を守るためには、やはりまず会社のHPやネットの評判を見て、追加料金トラブルが起きていないかを事前を調べてみるのがおすすめです。また、もし追加料金に関する何らかのトラブルを起こしている場合はその時点でその会社の利用しないことに決める事をお勧めします。ちなみに一番良いのは、この分野には後払いトラブルで悩むクライアントが多いことを会社側がきっちり理解し、料金完全後払い制を採用し、追加料金に関するポリシーもきっちり表明しているような誠実な業者を見つけることです。そして、実際に見積書に関して額が決まった場合は、追加料金発生の可能性、あるとしたら最大何万円くらい上昇する可能性があるのかを前もって話し合うことなども重要です。その他、追加コストトラブルを相当気をつけている会社であることを業者に徹底的にアピールすることが、最初から正確な見積もりをもらうカギになります。

webサイト構築では、専門的な知識や技術が必要となるため、経験豊富なプロが在籍する専門業者へ依頼することで、よりスムーズな作業が可能です。

© Copyright Platform For Revenue. All Rights Reserved.